基幹病院建設(開院)と(医)萌気会の役割

はじめに
  魚沼基幹病院(454床)はいよいよ6月1日開院する。
  この病院は、県が救命医療に責任を持ち、県内の救命救急センターを配置する義務から、医療再編の中核として実行したものである。
  結果は現大和病院敷地内に建設され、「ゆきぐに大和病院」の機能は、市の中心である現六日町病院の地に移転新築される。

建設の歴史的背景と在宅医療
 この歴史的な大変革は、小出病院の改築を発端として、また戦後70年にしての再編であった。
  この流れを、私(黒岩)的な発想で回顧すると、旧大和町診療所がゆきぐに大和総合病院となり、地域医療の全国的モデルになった。
  しかし大和病院は、間口の広い地域医療病院であったが、更に医療レベルを高めることは、近隣の県立病院と同様にできなかった。そこへ医師不足等による地方病院の危機から、レベルアップは一層厳しいものになった。
  そして、今回の基幹病院は、同一地に建設されたこともあり、一見あたかも大和病院が高度医療病院に成長したかの観を呈し、しかも本来の地域医療は市の中心の新市立病院で実行できるといった、誠に歓迎すべき事業になったと思う。
  これは言うまでもなく県と新潟大学の力によるものであり、改めて心から感謝したい。
  高度医療から在宅医療まで安心できるシステムを基幹病院・市民病院そして診療所が連携し、高度の医療から地域に密着した在宅医療も含めて、本当に安心できるシステムにしたいと思う。
  それには住民一人一人がよき医療資源となって、システムをそして医療機関を磨いてほしい。
  また国の医療政策は、病院の役割分担とスリム化をはかり、かたや在宅医療を拡充する事になっている。
  したがって萌気会が22年にわたってやってきた診療所医療と、とりわけ在宅医療は国の医療改革の戦略に位置付けられることになった。

萌気会の役割
  (医)萌気会は2つの診療所の力を併せ、市民病院・民間病院や基幹病院と連携し、在宅ケアの推進にこだわりたいと思う。
  また介護事業は地域包括ケアシステムの基本である以上、これまでの地域密着型の介護サービスに徹したいと思う。
  そのうえに市から委託された浦佐認定こども園と、27年度新築移転する学童保育にも力を入れ、萌気会の理念でもある「安心して子育てができ 老いても障がいがあっても 自分らしく暮らすことができる コミュニティーの創造」に少しでも寄与したいと願っている。そして市民の皆さんと共に歩んで行きたいと思う。
(もえぎ新聞27年3月号より 理事長 黒岩卓夫)

カテゴリー: エッセイ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。