生活サポート外来

法人理念である“子どもからお年寄りまで、全ての人が安心して暮らせるコミュニティーの実現”へ向けて、“医療の窓から、あたらしい発育発達支援”を始めます!
1.生活サポート外来(小児科・内科)とは?
外来名称は「生活サポート外来」ですが、小児科・内科と受診の方法や診療の流れは同じです。
赤ちゃんから働く人までの「こころ・からだ」で悩んでいる方々の日常生活を、ペアレントトレーニング・リハビリ・投薬等を組み合わせてサポートします。
2.生活サポート外来の概要
(1)毎週金曜日 予約制
予約・連絡先
~担当:作業療法士 鈴木宛と伝えてください~
025-777-5222(萌気園 浦佐診療所)
(2)時間 AM9:00~12:00 / PM4:30~6:00
(3)場所 萌気園浦佐診療所
(4)年齢 0歳~大人まで(年齢制限はありません)
(5)担当医師 医学博士 柿原敏夫医師
(産業医学 小児科専門医 子どもの心相談医 臨床心理士)
3.生活サポート外来って、どういうところ?どんなことをするの?
(1)診療内容 カウンセリング
相談
投薬
診断書作成
発育発達諸検査、心理知能検査(WISC等)、身体面の検査及び、
そこからわかる、個々に応じたアドバイス
ペアレントトレーニング(保護者に対して)
必要に応じて関係機関との協働連携支援
(2)相談内容 はっきりとした原因(病名)はないが、頭痛・腹痛・朝起きられない・ふらつく・眠れない等の身体症状がある。
たびたびかんしゃくやパニックを起こす。
忘れ物が多い。
友人とのトラブルが多い、人間関係づくりが苦手だ。
特定の学習に困難を感じる。
こだわりが強い。
指示理解面に不安がある。
他の病院に通院しているが、近い萌気園浦佐診療所で診察あるいは投薬をしてもらいたい。
など。

コメントは受け付けていません。